デイサービスりっくるで音楽を通じた交流を

主新和教会(NHC)の合唱ボランティア団体「くるむ」は6月30日に介護福祉施設「デイサービスりっくる」(東京都新宿区 弁天町177 Duares 早稲田 1 階)を訪問して歌を披露した後、交流をしました。

高齢者の孤独が社会問題になりつつある中、くるむは音楽を通して、人、地域、世代を結び、聴く人に力と喜びを与える事を目的に、高齢者施設やイベントで音楽ボランティアをしています。
今回は新宿区社会福祉協議会からの依頼で「デイサービスりっくる」を訪問することになりました。副任牧師と共に、乳児からその保護者、大学生や社会人など様々な年齢の教会メンバーで訪れ、5曲の歌を披露。「ふるさと」や「幸せなら手を叩こう」などの有名な曲のほか、夏ならではの曲も選曲しました。さらに「あなたは愛されるために生まれた人」や「生」という讃美歌も選び、教会の合唱団ならではの神様の愛を届けようと皆で心を込めて歌いました。
人はみな神様が愛して創造した存在であり、1人1人が本当に尊い存在である事を感じて欲しいと思い「あなたは愛されるために生まれた人」を選曲しました。また、「生」は自分自身を勤しんで作るところから、理想的な世界、平和な世界を広げていけるという歌詞の曲です。私達もそのように壮大な希望を成していきたいという決心を込めて選曲しました。
この曲はくるむ創始者である牧師が、書いた詩に曲をつけた歌です。

交流の時間では、美大出身のメンバーが賛美や御言葉を思い描きながら描いた絵を紹介する時間も持ち、利用者との交流を深めていきました。
施設長からは「ボランティアで来てくれる人はいるが、交流までしてくれたので、とても良かった。利用者の人も刺激受けていた。また是非来て欲しい。」とおっしゃっていただき、また訪問する機会を設けていく予定です。

さらに、社会福祉協議会の担当者様からも「とても素晴らしくて感動した。ここまで利用者の人が楽しそうにしていて、反応が良いところは初めて。社会福祉協議会の他のメンバーも連れて来たかった。8月以降、また他の施設も訪問していただきたい。」との声をいただくことができました。
今後もさらに活動範囲を広げて、音楽を通して聴く人に力と喜びを与えて行きたいと考えております。

【団体紹介】
■団体名
くるむ
■活動内容
音楽を通して、人、地域、世代を結び聴く人に力と喜びを与える事を目的に、高齢者施設やイベントで音楽ボランティアをしています。
■基本活動
2〜3ヶ月に一度程度(土曜日が多い)。
子供から大人まで幅広いメンバーで新宿区内の施設を中心に活動中。
活動依頼は随時受け付けております。