くるむ 原町グループホームを訪問

主新和教会(NHC)の合唱ボランティア団体「くるむ」は12月8日に高齢者福祉施設「原町グループホーム」(東京都新宿区原町3丁目84−4)を訪問しました。

「くるむ」は『音楽を通して「人・地域・世代」を結び、聴く人に力と喜びを与えること』を目的に、高齢者施設やイベントで音楽ボランティアをしています。
今回は、普段参加していない小学生の子どもや漫才師も交え、総勢23名で訪問しました。
クリスマスの月ということで、クリスマスソングを中心としたプログラムを、ご用意いたしました。
「諸人こぞりて」「天にはみつかい」などのクリスマス曲を始め、「冬景色」「焚き火」などの冬の曲を含む全8曲を披露。また「小学生によるバイオリン演奏」や「漫才師による漫談」も今回初めて行ないました。歌も漫談も参加型となっており、参加された方は「久しぶりにこんなに歌ったわー」と嬉しそうに話してくださっていました。讃美歌では涙する人や指揮をしだす方々もおり、その場が感動で包まれる時間となりました。
最後は、教会で行なったフリーマーケットの収益で、リースとクリスマスカードをプレゼント。フリーマーケットの品物は「愛を与えたい」思いから、ツイッターのフォロワーの方が送ってくださったもので、昨年も同様にいただいておりました。クリスマスカードは、神様からの愛が届くようにとメッセージを書きました。

施設の方から「また次回もお願いしたいです」と言っていただけました。
「人の繋がりは薄れてきている」という話も聞きますが、くるむは続けて施設に訪問し、音楽を通して聴く人に力と喜びを与えて行きたいと考えております。

【団体紹介】
■団体名
くるむ
■活動内容
音楽を通して、人、地域、世代を結び聴く人に力と喜びを与える事を目的に、高齢者施設やイベントで音楽ボランティアをしています。
■基本活動
2〜3ヶ月に一度程度(土曜日が多い)。
子供から大人まで幅広いメンバーで新宿区内の施設を中心に活動中。
活動依頼は随時受け付けております。