平成最後のクリスマスは愛で始まり愛で終わる!

2018年のクリスマスは平成最後のクリスマスでした。

キリスト教福音宣教会 New Harmony Church(以下NHC)では普段教会に通う人だけでなく、その家族や友人など約150人を迎え、12月24日にクリスマスパーティーを開催しました。

テーマは「Christmas is Love」。人の繋がりが薄れ、愛が冷めているようにも感じるこの時代だからこそ、平成を振り返り改めて「愛」を伝えたいと考えました。歌や楽器演奏、ダンスなど様々なプログラムを用意し、また今回は初めて牧師Barを設けオリジナルノンアルコールカクテルと共にNHCの牧師と気軽に話すコーナーも。歓談の時間では皆さんが自由に動き回り交流をしていました。みなさんがイメージする「愛」とはまた違った「愛」を体感していただく時間になったかと思います。

NHCと言えばお笑い、というイメージができつつありますが、今回のクリスマスパーティーでも最初を飾ったのは漫才。普通にテレビで見る漫才くらいクオリティが高い、との声があがるほど会場からは笑いの声があがりました。

司会はコミカルなノリでパーティーを進行。続いて音大出身のバイオリニストと共に子どもたちもクリスマスメドレーを演奏してくれました。ゴスペルでは牧師が作詞作曲した賛美曲を2曲披露し、そのきれいな歌声のハーモニーと歌詞に触れ、涙する人も見られました。

そこから、その空気をガラリと変えるようなアップテンポの音楽が流れHipHopダンスチームが登場。小学校4年生から6年生の3人組が明るい笑顔と共にダンスを踊ってくれたのち、続いて学生や社会人で構成されたダンスチームによるパフォーマンス。ラップも途中で登場し、観客は暗がりの中で色とりどりの光るライト棒を振ってリズムに乗りながらパフォーマンスを楽しみました。

休憩をはさんでトークショーも行ないました。「ありえないハナシ」や「今だからゴメンナサイ」などテレビ番組「ごきげんよう」のスタイルで教会に通う人がそれぞれのテーマに回答していきました。サッカーをするためにドイツに渡った時のありえないエピソードや、白髪がなくなることを通して聖書にある聖句を体感した話、自分のアイデンティティが崩壊した話など様々な話が繰り広げられました。

今回のクリスマスパーティーは、多様さ、が特徴であるNHCらしく様々なプログラムを盛り込みました。そして最後には主任牧師から神様からの一人一人への愛のメッセージを伝えています。

人それぞれ何かしらの悩みを持っていますが、自分らしさ、自分が何のために生きるのか、自分の良さは何なのか、などの悩みを一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

教会では根本的に神様の愛を伝えています。その愛を知ることでそれぞれが自分も他人も認め、比較するのでもなく自分の個性を大事にして、伸び伸びと好きなことをやればいい、と思えるようになります。今回は出演者の個性に合わせた全く異なるジャンルのプログラムを一つにすることでテーマの愛を表現しました。

愛を表現することで、参加者の皆さんの心が温かくなり幸せを感じてくださっていればと願っております。

【お問い合わせ先】
New Harmony Church(NHC:東京都新宿区西早稲田1丁目16-3)
Email:info@new-harmony-ch.org