2020年6月14日御言葉

<主題>三位は貴重に使ってこそ貴重なものをくださる
<本文>マタイ25:21、箴言3:1~4

神様の喜びに参加するという祝福

(マタイ25:21)に「わずかなものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ」とあります。神様の喜びに参加するということは、ものすごいことです。参加する人と参加できない人は、天と地の差です。忠誠を尽くしたら、祝福を与えるということであり、地上で栄え、肉体が終わって、天の世界に参加し、永遠にそこに住むということです。

行なったとおりに報いる神様の法則

(ヨハネの黙示録22:12)に「行なった通りに報いる」という聖句がありますが、それは、本当に素晴らしい御言葉です。神様がおっしゃることに対して、私たちはどのように行うべきでしょうか?神様が話されたことや行なったことに対して、大きく感動を受け、反応することを神様は喜ばれます。結婚して、愛しても反応がなかったら一緒に生きることが辛いように、それぐらい反応は大きいものです。神様も同じです。神様のことを愛し、喜んで、善を行なって、そのように神様に反応すると、その行い通りに祝福を得て、患難にも打ち勝っていくのです。しかし、神様の前でも人に対しても、儀礼でやるのではなく、人に見せるためではなく、真実に、まことに、真心で接する、そのような人だけが、神様と共に天国で永遠に神様を愛して、その喜びに参加するようになります。

与えてくださったものを貴重に思ってこそ、貴重なものも得て、喜びと希望で生きる

神様がくださったならば、人であれ、万物であれ、貴重に思うことです。そして下さった人や万物を見ながら神様と対話をして、経緯を話す時に、もっと高い喜びの次元で生きることができます。神様が下さったものを貴重に思って貴重に使わなければ、神様がもっと貴重なものをあげようと思っても、それを変えてしまいます。人間も自分があげたものを貴重に思って使わない、価値を知らずに使ったら、その人にまたあげたい気持ちはないでしょう。神様もそうなさいます。そして神様にもらったら一人で使わず、一緒に使います。そうしてこそ千倍、1万倍使うことができます。また自分がもらってばかりではなく、あげるときに神様がまたくださいます。もらってばかりではなく、あげることもしなければなりません

神様が下さった『命』を貴重に思うこと

人が成功することは、良く暮らすこと、豊かに暮らすこと、物質を得ることだけでなく、自分の霊肉を救って生きること、それが大きい成功です。一番貴重に思うべきものは命です。神様、聖霊様が命をくださったから本当に価値が大きいのです。イエス様は命を救うことに命をかけました。「自分の体が天下を与えても代えられないものだ。」とおっしゃり、最後まで命にしがみつきました。十字架に掛けられ死んでいかれながらも、人のことを心配しました。そのような大切な命を貴重に思うことです。「自分の体が不細工だ。私は心がよくない。自信がない」と言って自分を虐待し、ないがしろにし、自分の体に傷をつけたりしますが、絶対にそういうことをしてはいけません。存在物が壊れていても、自分さえしっかりしていれば、それをすぐに作ります。自分を作るまでは万物を新しくできません。自分を新しくしたときに、人々を貴重に思うのです。万物も自分も人々も貴重に思って使って生きる人たちは、人生を3倍、5倍、7倍長く生きています。人生は皆100年で終わります。長生きしようとばかりするのでなく、長く生きたいと思ったら、貴重に思って毎日価値のある生き方をすることです。

貴重に使う方法:神様のものとして大切に思って使うこと

地球上の90%までは神様が運行してくださっています。もし70%だったら、地球が空っぽになって、みんな死んで、駄目になってしまいます。90%まで神様がしてくださり、10%は自分が勤勉に熱心に神様を信じて仕えることによって変わるようになります。
今まで御言葉を聞いて救われ、数えきれないほど神様から祝福をもらってきましたが、自分が願ったことを下さったから、それを貴重に思って貴重に使わなければなりません。人間も自分をきれいにしなかったら、自分にゴミを捨ててしまいます。きれいにして、貴重に思ったら勝手にはできません。人も誰が使うかによって貴重に使われるか変わるように、物も万物も自分の体も、神様のものとして大切に思って使うことです。万物も一つしかない存在だと思って貴重に使い、健康も貴重に思って管理をしましょう。一番貴重なものは、神様と聖霊様と御子を愛して生きること、そういう人が貴重な人です。三位と生きていることを貴重に思い、神様がくださったものを貴重に思い、小さいものも大きいものも貴重に思って感謝して生活していきましょう。

NewHamoryChurch2020. All Rights Reserved.